転職後にも試験はたくさん

転職・就職後は試験とは縁がないというのはもう過去の話です。 無事に新卒で就職できたり、転職に成功したからといって安心せ ず、さらなるスキルアップや昇格をめざすなら、それなりの準備 と努力を絶やさないことが大切です。

たとえば就職、転職後に資格試験を受験する、または、会社によ っては昇格するための適性試験、昇格試験を設けているところも 少なくありません。 業界に特化した試験はもちろん、どの業界でも語学力を求められ る時代ですから、Toeicのスコアを上げておくことも必要かもし れません。

人によっては、就職・転職後のスキルアップを見越して事前に資 格、検定試験を受けて合格したりしている人もいるでしょう。 ただ、試験を受けるだけでは意味がありません。合格したり、ハ イスコアを取ってこそ意味があるものです。試験には受験料もか かりますし、準備や受験には時間が必要です。せっかく受験する のだから効率的にクリアしたいものですね。

学生やフリーターと違い、社会人には自由時間が限られています 。日々のスケジュールを管理し、試験に備えるための時間を決め て取っておくことは必須条件。 また、できるだけニーズの高い試験、将来性のある試験をよく調 べて、準備しましょう。

いくら就職・転職前にいろいろな試験に合格していても、その後 一生を同じ会社で過ごすとは限りませんので、仕事に慣れてきた ら、自分の興味あるジャンルなども見えてくる時期になりますの で、さらなるステップアップに備えて、少しずつでも自分を高め ていきましょう。

きっかけは小さなものでも良いと思います。 その小さな興味の気持ちが途切れないように自分をコントロール することが試験クリアへの近道です。 ほとんどの試験は、努力すればそれなりの結果が得られるもので す。まったく準備せず「とりあえず試験を受ける」ということは なるべく避けたいものです。

就職、転職活動に行き詰まったときにも、こういった自己啓発を することで集中力も高まるので、時間のあるときにはなにか役立 つ試験情報がないか、アンテナを広げておくと良いでしょう。

資格取得でキャリアアップに挑戦!

転職の前に確認したいボーナスのあれこれ

転職の際気になるのが給与やボーナスです。ボーナスは「賞与」と言い通常、年2回支給されます。時期は6月、12月が一般的です。
日本でのボーナスの起源は明治時代にお盆、暮れの手当として支給されたのが始まりと言われており日本独自の特徴的な給与体系です。

正社員として就職または転職するのであれば、ボーナスは出る企業が多いですが、給与体系は最近様々な方式に分かれており、年俸制を採用している企業に就職・転職した場合は、年収を1/15や1/16に割ってボーナスのような形で支給したり、1/12で割ってボーナスは特になし、など、契約内容により月ごとの受取額の内訳は異なっています。

ただ、無事正社員として就職・転職を果たしたとしても、最近では会社の業績不振によりボーナスがカットされたり減ってしまったりという事例も少なくありません。あまり期待しすぎるとがっかりしてしまうかもしれませんが・・・

実際に面接の席などでボーナスは、と質問するのは少し行き過ぎる感じがありますので、「給与体系について確認したいのですが」という言葉遣いで申し出て担当者に質問しておくのは大切です。これは新卒の就職活動であっても、中途採用者の転職活動であっても同じ事です。

ボーナスの金額は、公務員の場合や上場企業などは公表されますが、一般的に月給の3倍、などと言われます。
ボーナスの計算方法は「月給○ヶ月分」のように「何倍」という表現を使いますので、月給により受け取るボーナスの額は当然違ってくるのです。

晴れて転職に成功しクレジットカードを使って買い物する機会ができると「ボーナス一括払い」という支払い方法が用意されていますが、あまりあてにしすぎてしまって、実際に社内の連絡が出て焦る、という事のないようお気を付けください。

転職先での人間関係

自分の事を探るような周囲の目が気になる会社に入社してしばらくの間は、自分はある意味異端者であるのです。机を自分と並べる同僚だとしても、「一体こいつはどんなヤツなんだろう」という探りの目で見られてしまうのは仕方がないことです。

そのような視線ばかりに気をとられていると、居心地の悪さが更に増してしまします。しかしながら、同僚のほとんどは新人の能力を試すような視線で見つめているのではなく、一日でも早く会社に慣れて、仲間となっていきたいと思っているのです。

しかし、わざわざ自分の方から声をかけて、嫌われたらといやだと心の中で思い、あなたに遠慮しているに過ぎません。そういうわけですので、もしも、会社に入社して何日も経過しているにも関わらず、周囲の視線が気になってしまうのならば、転職者自身が相手を近寄らせない雰囲気を作り出していると考えるべきです。

同僚との関係を言うならば、ライバルと考えるよりも、一緒に仕事する信頼できる仲間と考えるべきですから、まずは、自分から歩み寄り、彼らに自分から声をかけていくことが必要です。きっかけとしては、仕事で自分が分からないところを聞くといった形でもいいですから、積極的に自分から話しかけてみましょう。

その後、何度か会話した人に昼休み中に食事に出るときなどのときに一緒に連れて行ってもらい、仕事から離れたところで話す機会を持てば、「どこに住んでいるのか」だとか、「家族は何人いるのか」、「何が趣味?」といった会話が自然に交わされることになります。

一人でもいいからうち解けて話しすることができるようになれば、あとはその人から、”友達の輪”を広げていけばいいのです。
タグ:転職

転職先での人間関係を築き上げるには

仕事では、トシの差は割り切って対処しよう。成果主義や実力主義が世間に浸透するにつれて、役員も年齢や性別に関係することなく能力次第で決まるようになってきています。

今後は、転職先した場合、自分より年下の上司がいたり、その逆に自分より年上の社員を部下として配属されるといったことが当たり前になっていくでしょう。

ベンチャー企業では、創業時のメンバーとして自分より年下の人が経営陣の一角を担っているということは多々あります。年齢差を意識し過ぎては、相手とギクシャクしてしまいます。

そうならないようにするには、仕事上の関係だけの上司と部下ということだけを考えることです。しかしそうすると、今度は上下関係ばかりを意識しすぎて、妙に卑屈になってしまうこともあるかもしれませんが・・・。

早く仲良くなりたいという気持ちは同僚も同じ。新入社員を迎える側の同僚は、新入社員のために緊張をほぐし、解けやすい環境を作りたいと思っています。

しかしながら、思いとは裏腹に、仕事の打ち合わせなどきかっけがないと、なかなか声をかけられないということになりがちです。そんな状況下で、与えられた仕事にひたすら没頭してしまうなどして近寄りがたいオーラを出しているとますます声をかけてくれないです。

そうなってしまうと、周りの誰もが自分に気をかけてくれないなどと、被害妄想が膨らみ疎外感に陥ってしまうことになるでしょう。

そういった状態も、通常は入社して3日経てば解消されるのですが、1日でも早く同僚とうち解けたいと思うなら、昼休みなど同僚たちが食事に出かける時や、仕事を終えて退社するときに、「ご一緒してもいいですか」などと自分から声をかけてみるとよいでしょう。

同じ会社で働くことになった以上、入社したその日から同僚達も仲間という意識があるのですから、断ってくることはないはずです。昼食を食べながら家族のことまたは、趣味など会話に交わることで、すぐに受け入れてもらえるようなるでしょう。
タグ:転職

転職フェアを利用しよう

「転職フェア」では、色々な人材関連企業が主催していて、内容やスタイルはそれぞれの企業によってさまざまですが、ほとんどの場合「フェア会場内に複数社の企業ブースを出展し、来場者と直接対話する」という形式をとっています。 では、転職フェアに参加することでどういったメリットがあるのでしょうか。 ●企業と対等な立場で、聞きたいことを質問できる 「応募するのはまだちょっと……だけど、企業の人と話はしてみたい」ということがありますよね。 転職フェアでは、企業に応募する前に企業担当者と話すことができる絶好の機会です。 「面接」になると、「試されている」という感覚に陥り緊張してしまい、聞きたいことも聞けないままということがありますが、転職フェアなら自分の知りたいことを質問できるでしょう。 ●企業サイトや広告ではわからない企業の「雰囲気」をつかむことができる 企業ブースで会話をする相手が、必ずしも人事担当者とは限りません。 現場の担当者で、入社後に自分と一緒に働く人であり、その企業の生の声を聞くことが出来る場合もあります。 職場の雰囲気や企業風土などは、「理屈ではない何か」を感じとることができます。 ●1日の間にたくさんの企業を見ることができる 転職フェアの会場には、数十社、多い場合には数百社の企業が一堂にあつまります。 色々な企業の情報収集の効率がとてもいいのは言うまでもありませんね。 また、自分が話を聞きたい企業ブースでの話を終了した後、たまたま立ち寄った企業の担当者と意気投合してなんて、思いがけない「運命的な出会い」を果たすかもしれません。 フェアに参加した人の感想として「たくさんの企業と話すうちに、自分の考え方や進みたい道も整理できてきた」という声があります。 フェアは、情報収集の場だけではなく、「自己分析」をする一手段としても活用できそうです。 転職フェアでのメリットとは、たくさんの企業担当者と会い、たくさんの話を聞くことができるだけではありません。 ●書類上では、ハンデがある人でも「人物」をアピールできる機会である 自分が希望している企業で求めている条件に対し、自分は「経験年数が浅い」や「技術が未熟」、「分野が異なる」など、書類選考では通過するのが難しい人の場合、企業担当者に直接会える転職フェアは、自分の「人物面」をアピールする機会にもなりえるのです。 経験や技術よりも「人当たりの良さ」や「誠実さ」、「素直さ」、「コミュニケーション力」があるなどを重視する企業もたくさんあります。 転職フェアで行われる面談は「面接」や「選考」というわけではありませんが、この機会でいい印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際、書類選考の通過する確率が高まるかもしれません。 ●キャリアカウンセリングを受講できたり、転職ノウハウを教えてくれるコーナーもあります 転職フェアの会場には、求人企業のブースの他にも、キャリアコンサルタントなどに相談することのできるコーナーが設置させていることもあります。 「職務経歴書の書き方」や「面接対策」などの転職に関するノウハウを学ぶこともできます。 フェアに行ったら、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。 ●来場者たちの姿を見て刺激を受けて、「仲間」を作ることができる 当然のことなのですが、転職フェアに訪れるのは、求人企業だけでなく、転職を考えているたくさんの人も集まります。 キャリアアップをしたいのだけど、新しいことへ挑戦したいのに、どうも自分の意思が弱くて行動へと移すことができない。 しかしこんな自分をどうしても変えたい……などの考えをもっている人は、フェアに来ている他の来場者たちの姿を見て刺激を受け、モチベーションが上がるのではないでしょうか。 企業ブースで順番待ちの時や休憩コーナーなどで他の来場者達に声をかけて「転職活動仲間」を作ることができるはずです。

転職時には高収入だけにこだわらないことが大切

私達が職探しをするときに、まず、一番こだわるのは、やはり、収入ですね。どうしても、求人でも、高収入の求人を第一に探すものです。最近の景気回復傾向から、業種的にも、一昔と比べて、様々な業種で、高収入を積極的にアピールした求人広告が目立つようになりました。

かつては、高収入の仕事と言えば、いわゆる3K的な、条件的に厳しい、というイメージでした。求人でも、そうした条件面での厳しさはあまり知られないようにしたものです。今は、求人でも、高収入であると同時に、様々な好条件をPRしたものが結構見られるようになりました。

高収入と言うと、英語力を生かした仕事、優れたスキルを生かせる仕事、などのイメージですが、求人では、そうしたものはなかなか見つかりません。逆に、そうしたことにこだわるあまり、いざ、転職を考えても、なかなか以前のような高収入の求人が見つけられずにいる人も多いのです。

要は、目先の高収入にこだわらないことです。転職先を探す場合には、自分の本当にやりたいこと、やりがいのある仕事なのかどうか、ずっと続けることのできる仕事なのかどうか、ということを考えて職探しをしましょう。高収入だけをアピールした求人情報には注意しなければいけません。

転職時に必要となる健康診断書

転職準備を始めているあなた。もう転職活動の必要書類はそろいましたか?健康診断を受けて健康診断書は発行してもらいましたか?健康診断書は転職時に必要な書類の一つです。あとで慌ててバタバタと健康診断を受けに行くようなことが起きないように早めに準備しておくといいでしょう。

仕事を続けながら転職活動をしていますか?仕事をまだ辞めていない人だったら、仕事をしながらの転職活動でかなりくたくたになっているのではないでしょうか。それでも健康診断書は転職活動に欠かせない書類。時間をみつけて是非早めに健康診断を受け、診断書を発行してもらいましょう。

転職時の健康診断を受けるのにどれくらいお金がかかるか。病院・クリニックによって変動がありますがだいたい5,000円〜10,000円の範囲で受けることができます。また内容は診察、身体計測、一般測定(血圧測定・視力測定・聴力測定)、胸部レントゲン、心電図、採血、採尿などが一般的です。

転職で提出を求められることの多い健康診断書。転職活動をするときには早めに健康診断を受け、健康診断書を発行してもらうといいでしょう。そうすれば転職先に診断書の提出を求められた時にいつでも提出することができ、バタバタとあせって病院に行く心配がありません。

転職理由が転職が上手くいくかどうかを決める!?

転職理由としてよく耳にするのが、給与面に対する不満足で、転職理由のランキングでも常時トップをキープしています。リクナビNEXTでは「退職理由のホンネランキング」を紹介していますが、仕事自体に満足感を得ることができない、あるいは上司とうまくやっていけないなど、現在の職場で何らかの深刻な問題を抱えている場合に、転職を決断するケースが多いことがうかがわれます。

転職理由によって転職に成功するか、失敗するかが決まるとよく言われます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。自分の能力を伸ばしてキャリアアップしたいと思う人は、それなりの心構えや準備をして転職しますから転職後のミスマッチが少なくなります。逆に不平・不満が引き金になる転職は現状から逃れたいあまり、転職することばかりにこだわって十分な準備期間を取らずに行動してしまい、転職後に後悔することがよくあるわけです。

転職者の満足度が高いという記事を転職支援サイトなどで見かけることがあります。しかし、あまり鵜呑みにすることは危険です。なぜなら、転職して後悔している人はアンケートに答えることには消極的であるため、調査結果にはあまり反映されないからです。このような集計データに安心感を持ち、転職できれば何とかなるという甘い考えを持つことは非常に危険です。自分の気持ちを整理し、現在抱えている問題が転職することによってしか解決できないものであるかどうかをしっかりと考えた上で、行動することが重要です。

夢と希望を持って仕事をするというのは誰しも願う理想の姿です。仕事に満足感を得ることができれば、生活の安定ばかりではなく、日々の活動に潤いが出てきます。どうしても現在の職場に満足ができない場合、転職を考えるのはある意味、自分の人生を豊かで納得いくものにするための当然の選択肢であると言えるでしょう。転職することはひとつの判断として正しい行動ですが、その行動に踏み切るプロセスが重要であるということを認識する必要があるのではないでしょうか。

転職の際の自己PRの書き方

自己PRは自分の長所や個性をアピールする最初のチャンスです。謙遜しすぎず、嫌味にならない書き方で自己を宣伝しなければならないのですから、クオリティーの高い自己PRを書こうと思ったらそれなりのテクニックが必要です。転職や就職ではかなり重要なポイントを占めることになってきます。

自己PRを読んで是非会ってみたい、と相手に思わせるような書き方とはどんなものなのでしょう。まず、独りよがりの自慢、自己陶酔的な表現はやめ、特に転職の場合は以前の企業に対してのネガティブな表現や批判は避けて、できるだけポジティブな言葉を選びましょう。

自分にとっての一番のアピールポイントは何なのか、それを探ることから自己PRの書き方は始まります。具体的に訴えたいことが決まったら体験や経験を通してそれを説明していきます。最後にそこから得た教訓などを将来どんな風に生かしていきたいのか、とにかく具体的に説明します。

「具体的に、一点に絞って書く」、これが自己PRの書き方で最も大切なことです。応募先の視点に立って、自分の実績やスキルをアピールしましょう。将来の目標や抱負もあなた自身の言葉で、できるだけポジティブに表現しましょう。是非会ってみたい、相手にそう思わせることが大切なのです。

タグ:自己PR 転職

転職前にチェックしてみよう!

えー!なんで、こんなに差があるの?働く女性が知らないと貰いそびれるお金の話


この無料レポートでは、
働く女性が、知らないと貰いそびれる
各種退職時の手続きを簡単に説明しています。
実際に3人の女性を例に、
どの手続きが自分のケースに合うか判断し、ご利用ください。


Aさんは、結婚し退職、Bさんは、妊娠、Cさんは、独立
が転機になっています。

A.〜E.は、転職・退職時期には必要な知識または、手続きです。
F.以下は妊娠(予定)・出産時に必要なものとなります。

是非、ご活用ください。

えー!なんで、こんなに差があるの?
働く女性が知らないと貰いそびれるお金の話







その転職マッタ!転職成功度診断レシピ


転職・・・・・辞めるだけではありません。
おもい留まることも1つの手段です。

しかし、もう悩む事はありません。

これは見逃せない!とっても簡単!

たった2枚の診断で転職成功率100%!!
e−キャリアプロデュース開発ツール診断表を個人で
診断できるよう診断結果表を付けました。

その転職マッタ!転職成功度診断レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。